教育講演会開催のお知らせ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Email this to someone

2019年度 Ed.ベンチャー教育講演会を下記要領で開催いたします。

 私たちEd.ベンチャーは、東日本大震災を受けて足かけ4年に渡る教育支援を陸前高田市と石巻市において取り組みました。それは被災への支援ボランティアということだけではなく、被災した、地方(東北)の瓦礫の中から、都市部に暮らす私たちの生活や、教育のあるべき姿を、見つめ直す意味を持った活動であったと思っています。同じように、原発労働のことを知ることで、私たちは自分たちの生活の足もとや、労働の意味、そして教育において語るべきことを見つめ直したいと考えています。
 当日は寺尾さんによる唄もあります。
 みなさん、ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。

演題 : 原発労働と私たち・・・そして教育 知るべきこと 伝えるべきこと

講師 : 寺尾 紗穂 氏(ピアノ弾き語り音楽家・エッセイスト)

日時 : 2019年2月23日(土)13:30 ~ 17:00 (受付13:00~)

会場 : 大和市渋谷学習センター(IKOZA) 
   多目的ホール(小田急江ノ島線「高座渋谷」駅徒歩2分)

参加費 : 一般1,500円 学生500円 (高校生以下は無料です)

「知らなかった」不都合なことを、「知ってしまった」とき、私たちはどうするのだろう。やはり「知らなかった」ことにするのか、それとも向き合う覚悟を決めるのか・・・?「共に生きる」と笑顔で語りつつも、私たちが踏みつけている人たちがいるとしたら、その人達は私たちにとって「共に生きる」対象ではないということなのだろうか。
 原発労働は、働くというより命を切り売りすることに等しい。しかしその実態は、闇に隠され、「安全」にカモフラージュされる。そんな世界が私たちの生活のすぐ横にあった。「知らなかった」不都合なこと・・・?だが、私たちは本当はうすうす気がついているのかもしれない。私たちのすぐ横には、そうした「不条理」がたくさんあることを・・・!
 そして今、はっきりと「知ってしまった」私たちは、誰に、何を語り始めるべきなのだろうか。自分自身に・・・同世代の仲間たちに・・・そして子どもたちに・・・!
 原発労働は、まさしく「教育」の対極に位置しているのかもしれない。
印刷用チラシはこちらから→2019教育講演会(印刷用チラシ)