特別支援 講演会4/20

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Email this to someone

講演会「学校における特別支援教育の基礎ー外部機関との連携ー」
講 師:横山 正子 氏(社会福祉法人しらかし会相談支援センター松風園 相談支援専門員)
      守田 貴 氏(大和市教育委員会 指導室)
日 時:2018年4月20日(金)19:00~21:00 
場 所:大和市文化創造拠点シリウス 603号室
参加費:500円(学生無料) 予約不要

 支援を必要とする児童・生徒の中に、「手帳」を必要とする子や「手帳」を持っている子がいることをご存知ですか。手帳の存在を知っている方は多いと思います。では、その手帳にはどんな種類があり、手帳を持つことでどんなメリットがあるのかまで理解している方はどのくらいいるのでしょうか。進学や就職にこの手帳が重要になることもあるようです。知っているようで、知らない「手帳」について、この機会に一緒に学習しましょう。
 また、学校は、様々な外部機関とつながっています。コーディネーターや児童・生徒指導担当などが、学校と外部機関の窓口になっていることが多いと思いますが、児童・生徒が困ったときや、保護者から相談を受けるのは、担任です。子供たちに直接関わる担任の先生方が、曖昧な対応をしてしまうと、相手を不安に思わせてしまうことにもつながりかねません。「手帳」のことと合わせて、学校とつながりのある外部機関のことも一緒に学びましょう。
 もちろん、学校の先生だけでなく、支援を必要とするお子さんと関わるお仕事の方、保護者の方、特別支援教育に興味のある方など、たくさんの方のご参加をお待ちしております。

講演会チラシ