5/27開催 講演会「人権感覚を磨く」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Email this to someone

5月 特別支援教育のための学習会
TV鑑賞と講演会「人権感覚を磨く」
講 師:松波めぐみ氏(世界人権問題研究センター 嘱託研究員)
日 時:2018年5月27日(日)9:30~12:00
場 所:大和市文化創造拠点シリウス 603号室
参加費:500円(学生無料) 予約不要

平成28年度より障害者差別解消法がスタートし、それに際して注目を集めたのが「合理的配慮」です。文部科学省でも小中学校での「合理的配慮」の提供として、①教員、支援員等の確保、②施設・設備の整備、③個別の教育支援計画や個別の指導計画に対応した柔軟な教育課程の編成や教材等を記しています。このように、障がいに関わる支援が法律の成立を背景にして具体的に進んでいます。
しかし、法律の文言だけで、個別具体的な配慮をすべて捉えられるわけではありません。それは、個別具体的な配慮は、あくまでも例であり、それは、その背景となる理念から出てきたものだからです。その背景となる理念こそが「人権」です。
今回のTV鑑賞と講演では、この「人権」を丸ごと取り上げて、それに対する感覚を磨く時間にしたいと考えます。たくさんの方のご参加をお待ちしております。