【報告】5月事例研究会

 事例研究会は、外国にルーツを持つ子どもたちの具体的な事例を通して、彼らの背景にある事情や問題を読み解く力をつけていくというねらいで開催しています。

日時:2022年5月24日

事例提供:「保護者との連携が難しい子ども」 大和市内中学校教諭 草野 はるか先生

参加者:6名

 今回は草野先生から、小学校で学習面が心配されていたY君の事例が紹介されました。Y君はスポーツが得意で体育委員に立候補し、運動会では中心となって活躍をし、友達も多く、楽しく学校生活を送っているが、心配な面もある。家事都合で欠席や遅刻をすることがあり、ヤングケアラー的な要素があるのではないかという心配をしている。ゴールデンウィーク明けに欠席をし、ゴールデンウィーク中に友達の家に外泊を繰り返していたということが分かった。その指導の中でY君から「家のことを姉や自分に全部任せてくるから親がいやなんだ。」という言葉が出てきていて、生活面での心配がある。また学習面も心配で、授業ではやる気が感じられず、学習内容の理解も不十分であるといったY君の様子が報告されました。

 協議では、Y君は勉強が分からないということをわかっている学校はどのような手立てをしているのかということから、学校の支援体制そして国際教室の支援体制について話題が広がりました。アドバイザーの先生からは、国際教室のありようは、自治体や学校によって異なっていて、学校文化の違いによるところが大きく、一般論では語られないというお話がありました。さらに、Y君の親への不満についても話題になり、Y君が親への不満として話すことは学校への不満ということもあるかもしれない、保護者と連携が取りづらいのは、外国人の保護者自身が日本の学校で不適応を経験している可能性があるのではないかという見方も紹介されました。さらに、今後Y君が学校に来なくなることがあったとき、「さぼっている」という見方を学校がしないだろうか、生徒が学校に来てから支援が始まるという姿勢がないだろうかという心配も出されました。そして、アドバイザーの先生からは、違いを生かすのではなくコントロールして、統制して違いをなくすことが学校文化となっているが、違いを尊重する学校文化を作り上げていかなければならないとアドバイスをいただきました。

 今回の研究会では、国際教室のあり方や学校文化について改めて考える機会となりました。そして、親世代の不適応が子世代の不適応へと負の連鎖をしていくことに気づくことができ、その連鎖を断ち切る役目を学校が担っているということを痛感しました。