ライオン学校伝書鳩通信3/9

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Email this to someone

いつもご支援・ご協力ありがとうございます。
石巻市万石浦の子ども支援を続けている大学生グループ「ライオン学校」から、
3月2-3日の支援の様子をご報告した「伝書鳩通信」が届きました。
lionschool20130309.pdf(PDF)
震災発生後2年が経過し、3月11日に合わせて被災地の様子が様々に報道されましたが、
全体としては被災地への関心がトーンダウンしていることに変わりはありません。
「復興」が停滞する中で人々はその停滞に合わせるしかない、
そのような「安定」であれば復興停滞のしわ寄せを被災地の人々に押しつけている他ありません。
その中で支援活動を継続しているライオン学校のスタッフの皆さんも、
子ども達の現状を見ながら必要な支援を模索しています。
Ed.ベンチャーとしても、先日9日の明治公園での脱原発集会に参加するなどしましたが、
今後も皆さんと一緒に被災地の現状と必要な支援について考えていけたらと思います。