外国人当事者活動支援

外国人当事者活動支援は現在活動を休止しています。

 

外国人当事者活動支援・総括

 外国人当事者活動支援は、「すたんどばいみー」をはじめとする外国人青少年当事者による活動に対して、活動費の補助を中心とした支援を展開してきました。
 これは、Ed.ベンチャーの活動趣旨である「弱い立場の子どもたちへの支援」の「弱い立場の子どもたち」には外国にルーツを持つ子どもたちも入ることから、当法人立ち上げ時から力を注いできた活動でもあり、多くの成果もあげてきました。
 しかし、2015年度をもって外国人当事者支援活動はいったん休止を決定しました。その理由としては、「すたんどばいみー」のNPO化に向けたより自立的な活動の展開があげられます。
 「すたんどばいみー」設立当時高校生だったスタッフたちも、現在は職業を持ちながら活動を継続しています。そうした中、社会的な責任と発信力を持った活動にしていくために、外部への依存度を低くし、自立的な組織として運動を広げていく決断をいたしました。それが、NPO化を目指すということです。
 このことによって、Ed.ベンチャーと「すたんどばいみー」との関係も変化しました。支援する/されるの関係ではなく、対等な連携・・・パートナーとして様々な活動を展開する関係となったのです。
 なお、外国人当事者活動に関する支援は、必要に応じて教育相談活動において継続することを組織決定しています。
※「すたんどばいみー」は2016年11月28日、無事法人格を取得し、「NPO法人 外国人支援ネットワーク すたんどばいみー」としての活動をスタートさせました。
これからの活動の発展を祈りたいと思います。