1月の理論学習会のご報告

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Email this to someone

1・2月、連続講座の1回目として、一橋大学社会学研究科准教授山田哲也先生を講師にお迎えして、「格差・貧困問題と家族(1)」というテーマで、学習会を行いました。格差・貧困についての基本的な枠組みのお話の後、山田先生が参加された地方都市の団地における「生活困難層」調査の報告をしていただきました。その後参加者による質疑応答が行われました。2月の教育講演会のテーマと関連しており、興味深い内容でした。2月の2回目では、団地における調査の、具体的なケースの紹介や分析結果、とくに子供や学校に関することについて、お話しいただく予定です。