教育相談(多言語通訳派遣)

 学校・教師・行政・子ども・保護者・外国人当事者・支援団体などの各種相談に応じます。内容によっては、必要なグループを立ち上げて相談に応じます。相談内容については、活動報告会で報告し、社会的に弱い立場にある者に必要な支援のあり方を探っていくような場を設けます。
 
 2020年度は以下の事業を行うこととします。
①(2016年より継続)エステレージャ・ハッピー教室の運営相談
②(2019年より継続)「すたんどばいみー基金」から移管された当事者相談事業
③(2019年より継続)「保証人事業」より移管された当事者相談事業
④ 多言語若手通訳派遣事業
 a.通訳登録
 b.通訳派遣
 c.通訳ブラッシュアップのための母国語教室
⑤(2019年より継続)外国籍母子の生活支援
⑥(2019年より継続)中学生外国籍母子
 a.中学生支援
 b.母親支援
 c.学校や関係機関の調整
⑦ 上記継続相談に加えて必要に応じて新規相談を受け付けます。

多言語通訳者派遣事業
 Ed.ベンチャーでは、20~30代の若手の通訳者・翻訳者の養成を行っております。1980年代に来日した外国人の子世代は日本生まれや幼少期の来日経験のため、母国の言語を学ぶ機会が限られており、日本語が第一言語である若者も多数います。他方、グローバル化の影響のもと、外国籍住人の数も増えており、通訳・翻訳の必要性は増してきております。このような時代の流れを受けて、若者で母国語を維持している者たちを中心に、通訳・翻訳の機会を提供しつつ、経験を積んでもらおうという事業です。
 現在、研修を終えた若者は、ベトナム語1名、カンボジア語2名、中国語1名、スペイン語1名、タガログ語1名がおります。
 通訳・翻訳が必要な場合には、申込書にご記入の上、toiawase〔あっとまーく〕edventure.jpまでご相談ください。派遣の可否については、依頼から数日でお返事さし上げます。どうぞご活用ください。

通訳・翻訳依頼申込書←ダウンロード(PDF)