愛川Friends☆Star教室

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Email this to someone

 厚木保健福祉事務所からの委託を受けて、2016年6月15日から、生活保護世帯等の子どもに対する学習支援教室を、愛川町にてスタートさせました。愛川町には、外国にルーツをもつ人たちの割合が多く、その中には、学習や養育の支援を要する子どもたちも含まれています。本委託を受けて、すたんどばいみーのメンバーを中心とした支援グループを作り、厚木保健福祉事務所のスタッフの方とも入念な打ち合わせを経て、教室がスタートしました。
 教室の名前は「Friends☆Star」。子ども達とスタッフが一緒になってこの名前を考えました。そこには「星の数ほど友達がいるといい」という思いが込められています。その願いにも、外国籍の子どもの多くが抱える問題の一端が垣間見られるように思えます。
 2017年度も昨年度と同様の活動を行う予定です。教室の様子については、順次このページにて報告してもらいます。