外国人の子ども理解のための学習会

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Email this to someone

 大和市には、数多くの外国にルーツをもつ子ども達が暮らしています。しかし、来日経緯や家庭の状況、普段子ども達がおかれている環境を知る機会はとても限られています。そこで、学習ボランティア希望者や、学校教員、一般市民を対象に外国にルーツを持つ子どもたちに対する理解を深めるための講座を実施します。
 冬の講座(終了:2018年1月6・7日開催)では、国際教室のマニュアルのリメイクを行うために参加者とともにマニュアルの解説と検討を行いました。そしてリメイク版の入稿作業を行い、完成したものを4月初旬に大和市、綾瀬市、座間市の小・中学校の国際教室担当宛てに配付する予定です。
 また、4月26日にはこのマニュアルについて、小・中学校の国際教室担当教員や外国にルーツをもつ児童生徒に関わる教員を対象に、年度初めにおける外国にルーツをもつ児童生徒の理解を深めるために、国際教室マニュアルの学習会を行う予定です。(学習会の詳細については、近日中にお知らせいたします。)

 夏の講座(2018年8月6・7日)では、教員生活の中で出会った外国人の子どもたちの経験を学んだり、在留資格とルーツの関連性についての学習を予定しており、新規参加者だけでなく過去に参加した方々のさらなる研究・学習に資する講座となるよう準備を進めています。
2018年夏の講座の内容(終了)
①外国人の子どもの生きにくさ(講師:日本女子大学教授 清水睦美氏)
②すたんどばいみーの当事者から見た生きにくさ
③私が出会った外国人の子どもたち
④在留資格とルーツの関連性(講師:日本女子大学教授 清水睦美氏)
⑤国際教室マニュアルの解説(自由参加)
⑥外国にルーツを持つ子どもの言語獲得(講師:日本女子大学教授 清水睦美氏)
⑦アイデンティティの獲得-自分は何者なのか?-(講師:大城グスタボアドリアン氏)
⑧ルーツを深く知る(フィリピン系)(講師:東京大学准教授 額賀美紗子氏)
⑨グループディスカッション
場所:大和市渋谷学習センター310 美術工芸講習室
対象:学習ボランティア希望者、学校教員、一般市民など